くらしーの

くらしーのトップ > 新潟市各区の特徴

新潟市各区の特徴

新潟市

新潟市は8つの行政区により区分されています。
同じ新潟市でも生活スタイル・気候などは区によってさまざま。
そんな各区の特徴について、編集部内から意見を集め表にまとめました。
地元民が語る各区の暮らしを、新潟ライフのヒントとしてお役立てください!

※編集者個人の主観に由る部分の多い記事です。参考程度にご覧ください。
※平成24年7月時点の情報です。


中央区の特徴

中央区-新潟県内最大の繁華街があり、県庁所在地。

中央区
△拡大画像が別ウィンドウで開きます
特 徴

中央区の北側は日本海に面しています。
区のほぼ中央にはJR新潟駅があり、万代口から徒歩10分くらいの所に『万代シテイ』エリア、さらにそこから徒歩15分程歩くと『古町』エリアと呼ばれる繁華街があります。さらにその先は日本海です。

新潟駅前はオフィスビルと居酒屋&風俗の飲み屋街、有名家電店のみのため、デパートなどでショッピングを楽しむなら万代シティか古町がおすすめです。

駅の南側(通称:えきなん)は主に住宅地で、郊外へ繋がるバイパス道路や高速道路なども新潟駅南側にあります。

面 積 8位/8区中
人 口 1位/8区中
主な官公署 県庁、市役所、国の出先機関、朱鷺メッセ(コンベンションセンター)など
交 通

新潟市に私鉄・地下鉄はなくJRのみで、主要な交通手段は移動はバス&マイカー。

路線バスは「新潟交通」というバス会社1社のみで運行されています。新潟駅前と万代シティバスセンターから市内・郊外へ繋がるバスがたくさん出ています。

信濃川や線路が区を分断するような配置になっているため、橋・踏み切りを通る道は、朝の通勤時や休日等に混みやすいようです。

ちなみに電車は雪よりも強風で止まりがちです。

よく混む道 県道164号(和合線/わごうせん)、国道8号(新潟バイパス)
月極駐車場の相場
(※普通車屋根なし)
新潟駅前・万代周辺:約13,000円〜21,000円くらい
新潟駅南周辺:約8,000円〜18,000円くらい
古町・市役所方面:13,000円〜16,000円くらい
それ以外のエリアは約5,000円〜
中央区の冬

中央区は2月から3月上旬に10〜20cm程積雪する場合はありますが、それ以外に積もることはあまりありません。降雪量も比較的少なめです。
雪は積もりませんが路面が凍ることがあるため、大体12月から3月まで車はスタッドレスタイヤをはきます。

沿岸部は風が冷たいです。新潟より暖かい県外の人曰く、「雪のない中央区でも体感温度はかなり寒い!」とのこと。
冬は男性も女性も、暖かいタイツなどで防寒している方が多いです!
室内はエアコンだと寒いので、暖かくコストパフォーマンスの良いファンヒーター・石油ストーブ・こたつがおすすめ。

主なスーパー ウオロク、スーパー原信、マックスバリュ、清水フードセンター、チャレンジャー、キューピット
他、新潟駅駅ビル内にもスーパーがあります。
郊外店型スーパー
(マーケットシティ)
イオンのような郊外型大型店舗はありません。
ちょっとしたマーケットシティはあちこちに点在しています。
古町エリアに小さめのイトーヨーカドー丸大があります。
商業施設

【万代エリア】伊勢丹、ラブラ万代・ラブラ2(http://www.lovela-bandai.com/)、ビルボードプレイス(http://www.bandai-bp.com/)、ALTA

【古町エリア】三越、ラフォーレ原宿新潟など。大型店舗は少ないですが、上古町にはいろいろなお店が集まっているエリアがあります。

他、出来島にDEKKY401(http://www.dekky401.com/)も。

保育・幼稚園・小学校 保育園約40・幼稚園約17・小学校18
テレビ・ラジオ局 新潟でテレビ東京は見ることができません。
ラジコ(ラジオ配信サービス)の配信が開始されています。

△このページの先頭へ

西区の特徴

西区-

西区
△拡大画像が別ウィンドウで開きます
特 徴

信濃川・関屋分水路の西側に位置し、関屋分水路に隣接する青山地区から順に小針地区、坂井輪地区、内野赤塚地区で構成され住宅街と商業施設がバランスよく分布しています。

区内西側は海岸線が長きに続き、夏は海水欲客で賑わい、東側黒崎地区は新潟県の観光拠点である新潟ふるさと村があり県内外から観光客が訪れています。

また国立大学である新潟大学を有する区でもあり、その周辺は学生向けアパートや不動産、定食屋、美容室等が密集している学生街となっています。

面 積 5位/8区中
人 口 2位/8区中
主な官公署 西区役所、西出張所(内野町)、黒埼出張所(大野町)
交 通

黒埼地区と赤塚地区を結ぶ新潟西バイパス(国道116号)、大堀幹線と呼ばれる青山地区から坂井を結ぶ道路、西大通と呼ばれる青山地区と内野地区を結ぶ道路、海沿いを走る産業道路(国道402号)が主な主要道路です。

鉄道は越後線が南北に伸び青山駅、小針駅、寺尾駅、新潟大学前駅、内野駅、内野西が丘駅、越後赤塚駅と7駅。青山駅から越後赤塚駅までは概ね20分となっています。

よく混む道 朝夜のラッシュ時は、新潟西バイバス、西大通が混雑します。
月極駐車場の相場
(※普通車屋根なし)
3,000円〜7,000円
西区の冬 中央区と比較すると降雪量は若干多いよう。1〜3月は例年10センチから20センチ程度の積雪はあります。
主なスーパー 中規模のスーパーがバランスよく立地しているので買い物にはあまり困らないようです。(原信、ウオロク、チャレンジャー、清水フードセンター等)
有名なもの 新潟ふるさと村
・青山海岸海水浴場
・日本海夕日コンサート
病 院 済生会新潟第二病院、新潟脳外科病院、信楽園病院
保育・幼稚園・小学校 保育園約41・幼稚園約9・小学校18
レアなスポット ・佐潟水鳥・湿地センター
・アクアパークにいがた(温水プール施設)

△このページの先頭へ

東区の特徴

東区-国際空港・湾岸を有する海と空の玄関口。

東区
△拡大画像が別ウィンドウで開きます
特 徴

信濃川河口の東側に位置し、区の北側は日本海に面しており、西に信濃川・栗の木川、東に阿賀野川、東西を横断する形で通船川が流れています。

地区構成は大きく分けて海岸側から順に中地区(山ノ下・藤見・下山地区)、東地区(木戸・大形地区)、石山地区の3つ。

国際空港・湾岸を有し、市及び県の「海と空の玄関口」です。

また、大規模な重工業から軽工業、多様な規模の小売・サービス業や卸売業などがあり、会社や工場の数や働いている人の数、出荷額が新潟市8区の中で一番多く、商工業が振興している一方、ねぎやジャガイモ・切り花などさまざまな農作物が生産されています。

面 積 7位/8区中
人 口 3位/8区中
交 通

主要道路は国道7号・国道113号・県道3号が東西に通り、それらを南北に横断する県道4号(通称:赤道/あかみち)とが結ばれています。

鉄道駅は区南部に3駅(東新潟駅・大形駅・越後石山駅)あります。

バス運行は、市中心部と結ばれた路線で東西に運行。 東区内では市及び区によるコミュニティバスを運行しており、南北に運行する松崎ルートと河渡(こうど)ルートがあります。

よく混む道 県道4号(赤道)、県道3号(旧7号線/新発田街道)、国道7号(新新バイパス)、国道113号
月極駐車場の相場
(※普通車屋根なし)
5,000円前後
東区の冬 日本海側に面するため、一般的に言われるほどの積雪量はありません。 初雪は11月下旬頃。12月から本格的に雪は降り始めるが積もる程ではありません。 2月から3月上旬にかけて積雪があり、多い年で30〜40センチ積もります。
主なスーパー チャレンジャー、原信、マックスバリュ、清水フ−ドセンター、ウオロク、キューピット、山ノ下市場
郊外店型スーパー
(マーケットシティ)
河渡マーケットシティ、フレスポ赤道、原信マーケットシティ赤道、イオン新潟東店
レアなスポット 【東区プラザ】東区のほぼ中央に位置し、1階に東区役所と東区社会福祉協議会、2階に文化・交流施設「東区プラザ」、3階に東区プラザ図書室を設け、建物全体を区民の“語り合う広場(トークプラザ)”としていく新しいタイプの区役所です。地下1階には各種店舗などのテナントフロア。

【新潟空港】毎年9月「空の日」に記念イベント有(現役パイロットによる航空教室や空港バスツアーなど)

【JR貨物新潟支店】10月の「鉄道の日」にあわせ、東新潟機関区を一般に公開。EF510、EF81、EH200、DD51などの機関車を展示。JR貨物の車両部品販売や、機関車への体験添乗、鉄道模型の運転も実施。軽食の模擬店出店あり。

【自衛隊基地】空の日などのイベントがある場合入場見学ができます。
工場見学 山ノ下納豆製作所(団体での見学可・詳細問い合わせ)
保育・幼稚園・小学校 保育園約37・幼稚園約8・小学校12

△このページの先頭へ

江南区の特徴

江南区-緑が多く交通の便も良い。団地やニュータウン多数。

江南区
△拡大画像が別ウィンドウで開きます
特 徴

『緑と調和した、賑わいと安らぎのあるまち』江南区。
阿賀野川沿いより大江山地区〜横越地区〜亀田地区〜両川地区〜曽野木地区と続いており、団地やニュータウンも多く点在しております。

JR信越本線や亀田バイパスそして高速道路(北陸自動車道・磐越自動車道・日本海東北自動車道)など交通の便にも恵まれており、休日にはバイパス沿いの大型ショッピングセンター目当てに、市内外より多くの人々で賑わいます。
豊富な田畑と工業・食品団地、大きな新潟中央卸売市場もあり新潟市の食を支える生産基地です。

面 積 6位/8区中
人 口 6位/8区中
官公署 江南区役所 他
交 通

新潟中央JCTは、北陸自動車道、日本海東北自動車道及び磐越自動車道上にあるJCTです。 JR亀田駅利用で新潟駅までは10分ほどの乗車で行く事ができます。

亀田バイパスは途中、横雲バイパスと新津バイパスの分岐点があります。
4号線は東区の竹尾ICより横越地区まで行く事ができます。
5号線は中央区紫竹IC脇より亀田中心部へ行く事ができます。
16号線は大江山より亀田中心部を通り、曽野木まで行く事ができます。
17号線は阿賀野川土手沿いを走る道路です。
新潟駅南口より続く市道の弁天線をまっすぐ通ってイオンモール新潟南に行く事ができます。

【区バス】亀田駅〜イオンモール新潟南〜曽野木〜新潟市民病院を走っています。乗車料中学生以上200円小学生100円(土日祝日は半額)小学未満は無料。
【住民バス】カナリヤ号(亀田地区茅野山〜早通)、横バス(横越地区小杉〜木津)があります。乗車料中学生以上200円小学生100円小学生未満無料。

よく混む道 鵜の子ICとその付近、亀田中心部の16号線、市道の弁天線
月極駐車場の相場
(※普通車屋根なし)
亀田駅前〜周辺 4,000円〜5,000円
江南区の冬

降雪は多い時で40〜50cm、積雪量は80cmを超える事もあります。
スタッドレスタイヤは12月上旬より3月下旬まではいていた方がより安全です。
地区により風が強い所と弱い所があり、強い所は暴風時に吹雪になる道路もあります。

朝晩の気温がかなり低くなる時もあるので、ガスストーブやファンヒーターなど短時間で温まる物がオススメ。
就寝時は湯たんぽ・電気毛布やボアシーツなど各家庭工夫もしており、また水道管の凍結にも気を付けています。

郊外店型スーパー
(マーケットシティ)
大型スーパーのほかに、ウオエイ・キューピット・チャレンジャー・マックスバリュ・清水フードセンターも点在しています。
亀田市場や大江山朝市やぶどうや梨といった農園・直売所もあります。
郊外店型スーパー
商業施設
アピタ新潟亀田店、イオンモール新潟南、PLANT−5横越店、フレスポ横越
保育・幼稚園・小学校 保育園25・幼稚園2・小学校10
有名なもの ティラミス大福で有名な万平菓子舗、新潟市民・長岡市民のソウルフード、イタリアンの本部事務所は江南区にあります。
全国でも有名な柿の種、ハッピーターンの亀田製菓も江南区☆
越乃寒梅の石本酒造(株)も。
レアなスポット ・新潟中央卸市場。場内には食堂や銀行・郵便局・理容室などもあり、見学も可能です!
・亀田製菓のお煎餅が格安で買える知る人ぞ知る江南区の名所、亀田製菓直売所。江南区元町2-3-56
ラーメン まるしん(マーボー麺)、大舎厘(つけ麺)、しんいちやのラーメン
工場見学 亀田製菓、第一印刷所、塚田牛乳
その他 *かめだ梅まつり(3月下旬〜4月上旬)期間中かめだ梅まつりと称し梅の路散策コースを開設。
*江南宣隊ユメレンジャー
*沢海揚水機場 亀田郷の約2590haに農業用水を供給
*豪農の館の北方文化博物館。5月中旬には樹齢150年の大藤がライトアップされる藤の名所でもある。
*阿賀野川床固め公園、横越チューリップ(沢海の河川敷)は、チューリップの名所。 *江南区の食の情報発信サイト「こうなん 四季彩食彩」(http://www.specialsite2.city.niigata.jp/konanku/)。

△このページの先頭へ

北区の特徴

北区-宅地開発が進む、自然に恵まれたベッドタウン。

北区
△拡大画像が別ウィンドウで開きます
特 徴

人が住んでいる所にバス・鉄道・幹線道路が通っていて新潟市中心地への交通の便もよいので、新潟市のベッドタウンとしても宅地開発がすすんでいる地域です。

住宅地以外はほとんどが水田で占められていて稲作が盛んです。トマト、なす、スイカ、メロンなども栽培が盛んで、豊栄駅周辺では月に6回以上も市が開かれます。海には港があり、福島潟や田園風景と豊かな自然に恵まれた地域です。

面 積 2位/8区中
人 口 4位/8区中
主な官公署 東京税関東港出張所、北区役所、他
交 通 日本海東北自動車道、新新バイパス(国道7号線)、国道113号線、JR白新線により新潟市内中心部から比較的交通アクセスが良い。
鉄道は豊栄駅までは約20分間隔。
区バスが運行されています。
よく混む道 ・新新バイパスの濁川から競馬場インターあたり
・R113号線
月極駐車場の相場 3,000円〜5,000円くらい
北区の冬 阿賀野川をこえると降る量が多くなります。
1月から積もり始め、2月には40cmから50cm程に。
主なスーパー 原信、ウオロク、キューピット
郊外店型スーパー ベイシア豊栄店
保育・幼稚園・小学校 保育園23・幼稚園5・小学校13
病 院 JA新潟厚生連豊栄病院(救急指定病院)、新潟リハビリテーション病院、松浜病院、南浜病院
公 園 福島潟自然公園(http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/index.html)。
有名なもの 葛塚露店市場(150軒位)、松浜露店市場(100軒位)
ラーメン ・日本ラーメンはや川
・奥次郎
工場見学 新潟せんべい王国
その他 新潟競馬場(駐車場が無料で休日はピクニックのファミリーも!)
新潟東港(釣り場としても人気)
遊水舘(プール)

△このページの先頭へ

秋葉区の特徴

秋葉区-バイパスで交通の便がよく、人口も増加中のまち。

秋葉区
△拡大画像が別ウィンドウで開きます
特 徴

新津地区と小須戸地区で構成され、新津地区は新津駅東口を中心に商店街、ショッピングセンターなどがあり、その周りに住宅地が広がっている。小須戸地区の小須戸周辺はあまり交通の便は良くないが地区内の矢代田(やしろだ)には矢代田駅があり小須戸中心部へは車で5分程で行ける。

秋葉区はかつては原油が採掘されていたたことから古くから鉄道も発達していた。現在は、高速道路(盤越自動車道)、新津バイパス、新津東バイパスなども通っていて交通の利便性が高いので新潟市のベッドタウンとして人口も増加している。

面 積 4位/8区中
人 口 5位/8区中
主な官公署 新津簡易裁判所、法務局新津支局、国税局新津支局、新津税務署、秋葉区役所他
よく混む道 403号線の荻川周辺道路
月極駐車場の相場
(※普通車屋根なし)
約3,000円〜5,000円
秋葉区の冬 1月から3月上旬にかけて30cmから40cmの積雪があります。
気温も中央区にくらべると低く、道路の凍結がおこりやすいようです。
水田が多く、農道などを通ると遮るものがないため、地吹雪きなどで立ち往生することもあります。
冬は幹線道路を通ることをオススメします
主なスーパー にいつフードセンター、ウオエイ、チャレンジャー
保育・幼稚園・小学校 保育園18・幼稚8・小学校13
ラーメン 大将ラーメン

△このページの先頭へ

南区の特徴

南区-農業とフルーツの栽培が盛んな平野部。

南区
△拡大画像が別ウィンドウで開きます
特 徴

白根(しろね)地区、味方(あじかた)地区、月潟(つきがた)地区の3つの地区から構成されている、農業とフルーツの栽培が盛んな区。

区のほぼ全域が信濃川と中之口川にはさまれた中州である。縦に国道8号線が通っており、白根周辺のその道路沿いに区役所、スーパー、ホームセンター、電気店、ドラッグストアーなどが点在。

面 積 3位/8区中
人 口 8位/8区中
交 通

鉄道はないので、移動はバス・タクシー・自家用車のいずれかになります。
新潟市中心地までのバスは1時間に1本程度。
レインボーバスという区バスが運行されています。

よく混む道 北側の大通・下塩俵、保阪から戸頭にかけての白根中心部
8号線のイオン周辺
南区の冬

平野の為、積雪は少ないです。
中央区と同じくらいで、2月から3月上旬にかけて20cmから30cm積もることもあります。

主なスーパー ウオエイ、スーパーウオエイ、リオンドール、原信、清水フードセンター、スーパージャングル、マスヤ、ひらせいホームセンター良食品館
郊外店型スーパー イオン白根店
保育・幼稚園・小学校 保育園16・幼稚園1・小学校11
病院 白根健生病院(救急指定病院)、白根大通病院、白根緑ヶ丘病院
有名なもの フルーツ生産が盛んで、いちご、ぶどう、桃、最近では洋なし「ル・レクチェ」が有名。
白根の大凧合戦(全国から多くの観光客が訪れます)があり、全国有数の仏壇の産地でもあります。
ラーメン ・どさんこ
・おさかな亭
レアなスポット たんぼの中に南区唯一の温泉旅館があります!

△このページの先頭へ

西蒲区の特徴

東区-農業と観光業が盛んで祭りやイベントもアツい!
西蒲区
△拡大画像が別ウィンドウで開きます
特 徴

区内の半分は水田が占めており、市内でも有数の農業が盛んな地域です。

新潟市への合併前の名残りから区内は巻(まき)地区、西川地区、岩室(いわむろ)地区、潟東(かたひがし)地区、中之口(なかのくち)地区と5つの地区で構成されています。

角田山(かくだやま)や岩室温泉(いわむろおんせん)といった観光地としても県内では有名な地域です。日本初の地ビール、エチゴビールも。

巻駅周辺がスーパーや商店街もあり賑わっています。海岸線沿いは夏は海水浴場としても賑わっています。

面 積 1位/8区中
人 口 7位/8区中
官公署 巻税務署、職業安定所、西蒲区役所、他多数
交 通

JR越後線が通っており、越後曽根駅、巻駅、岩室駅の3駅があります。電車の運行間隔は約40分〜60分。

新潟市中心地や市外の長岡方面や柏崎方面へ車での移動には、国道116号線や国道8号線などがあります。 海に面している西蒲区には、越後七浦シーサイドラインという海岸沿いを走る国道402号も。 隣の西区に「新潟海岸バイパス」が完成したので便利になりました。

新潟市中心部へ向う路線バスは一時間以上の運行間隔なので、移動はほとんどJRかマイカー。 新潟中心部に行くなら高速バスがおすすめ。区内を走る区バスもあります。

よく混む道 ・県道2号線
・116号(曽根)西区の赤塚あたりから巻方面にむかって
駐車場 商店街などには無料の駐車場がある店がほとんど。
西蒲区の冬 西蒲区は広いので場所によって降雪量が随分違うようです。海側に行く程積雪は少ないです。
12月から雪がうっすら積もったり溶けたりしはじめます。
巻地区で1月には20cm、2月中旬で50cm位の積雪です。
主なスーパー スーパーマルイ、リオンドール、清水フード、チャレンジャー
郊外には個人商店もけっこうあります。
病院 岩室リハビリテーション病院、潟東けやき病院、新潟西蒲メディカルセンター病院など。 救急病院はありません
保育・幼稚園・小学校 保育園19・幼稚園3・小学校15
レアなスポット ・間瀬サーキット
・巻クレー射撃場
ラーメン こまどり、古潭
その他

西蒲区の焼却場は、最新式で金属、プラスチック、ガラスなども焼却できてダイオキシンが発生しない最新式!

西蒲区にはアツい祭り、イベントがあるので西蒲区に住むと楽しいのでは!?と思われます♪ 「夏祭り」に、「どろんこカップ」、「かもん!カモねぎまつり」他多数!!

△このページの先頭へ

「くらしーの」トップページへ戻る